2010.08.10

私が聞いた自民党参議院幹部たちのホンネ

参院会長を巡って大揺れ

 臨時国会も終わり、政界も夏休みとなっている。しかし、一方では、自民党参議院の会長選挙が8月11日に行われるし、他方では民主党内の権力闘争が9月の代表選挙に向けて活発になっている。今年は猛暑であるが、政治の世界も暑い夏であることには変わりはない。

 まず、自民党の参院会長選であるが、今回初めて選挙となった。谷川秀善氏と中曽根弘文氏の一騎打ちである。

 これまでは青木幹雄氏のような実力者が調整を図っていたが、それも不在であり、このような事態となった。

 派閥の論理、若手の論理、それぞれ一長一短あり、年功序列か実力かといった点もどちらがよいとは言えない。

 私もこの4月まで参議院自民党に属していたので、この問題に絡めて、実力者たちの発言を記録に残しておこう。

 昨年夏の総選挙で自民党が野に下ったとき、今後の自民党、とりわけ参議院自民党の再建策について、青木さんは私に、「次は、林芳正君とあんたとで、どちらがどのポストでもよいが、会長と幹事長を引き受けてもらわんといかんがな」と語っていた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事