岸田総理が激怒…防衛省人事をめぐって閣内に流れ始めた「不穏な空気」

浜田防衛大臣が従わず...

岸田総理が激怒した

政府の9月1日付の人事以降、岸田内閣に不協和音が囁かれている。

防衛省の島田和久前事務次官が内閣官房参与に任命されたことがきっかけです。島田氏は退官後の7月1日に防衛省の政策参与に就任し、翌8月10日には退任していました」(全国紙政治部記者)

2ヵ月で3つ目の肩書となれば、ゴタゴタがなかったはずがない。

Photo by gettyimages
 

元々、岸田文雄総理と安倍晋三元総理の間で島田氏の処遇を巡り、ひと悶着ありました。自身の秘書官を長く務めた島田氏の続投を求める安倍氏の要望を突っぱねる代わりに、総理は島田氏に防衛省政策参与のポストを用意したのです」(同前)

関連記事