2022.09.23
# ライフ

60歳の不倫夫が、ラブホテルでいつも「同じ部屋」を予約する「ヤバすぎる理由」

なぜ「207号室」だったのか…?

高齢化が著しい日本において、これからますます問題となるであろう「熟年離婚」。原因はさまざまに考えられるが、その一つが「熟年不倫」ではないだろうか。

【前編】『家族旅行に参加せず、不倫相手と密会…誰も知らなかった60歳父の「ヤバい素顔」』では、江藤菜々さんの父・貴史さんの不倫疑惑が発覚した発端について、『熟年不倫サレ母は今日も離婚に踏み切れない』(原作:ナナリョウ、漫画:灯まちこ)から紹介した。

©灯まちこ
拡大画像表示

菜々さんが

「還暦を迎えた父の生々しいやり取りや性癖なんて、今さら知りたくありませんでした…。今すぐ記憶を頭の中から消去したいですね。というよりも、いっそのこと父をこの世から消してしまいたい気持ちです」(以下、「」内は菜々さんの発言)

とまで語る「熟年不倫」の実態とは、どのようなものなのか。今回は思いがけず発覚した父に関する「もう一つの疑念」について、紹介していこう。

 

不倫相手と思しき女性

貴史さんが不倫相手に送っていたとみられるメールが発見され、菜々さんと妹の未央さん、そして母・智美さんの間ではますます疑惑が深まっていく。最初に動いたのは、妹の未央さんだった。

母からメールを見せてもらった後、未央さんも証拠を再確認しようと、貴史さんが洗車している最中にこっそりスマホをのぞいてみたという。その時にはすでにメールはすべて削除されていたが、別の手がかりを発見できた。

SPONSORED