働きすぎの若者が知らない、60〜70代のうらやましいほど「理想的な働き方」

「小さな仕事」が日本を支える

〈年収は300万円以下、本当に稼ぐべきは月10万円、50代で仕事の意義を見失う、60代管理職はごく少数、70歳男性の就業率は45%、80代就業者の約9割が自宅近くで働く――。〉

いま話題のベストセラー『ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う』では、多数の統計データや事例から知られざる「定年後の実態」を明らかにしている。

 

多くが非正規雇用・フリーランスに

多くの会社員は、定年後にまずは再雇用を受け入れるかどうかということになる。

そうしたなか、定年後に非正規雇用あるいはフリーランスの道を選ぶ人も多い。

〈非正規雇用者が占める割合は50代前半時点では数%にすぎないが、60代後半にはパート・アルバイトで13.6%、契約社員等で12.9%と、定年後の最も一般的な働き方に変わる。〉(『ほんとうの定年後』より)

〈フリーランスの働き方は50代前半では6.4%と少数派であったが、50代後半で7.4%、60代前半で8.4%、60代後半で10.9%まで増える。そして、70代前半では就業者のうちフリーランスの人は約2割で、最も多い働き方になる。〉(『ほんとうの定年後』より)

データからは、非正規とフリーランスが大半ということが言えそうだ。

関連記事