2022.09.23

ここにきて、日本の「半導体産業」が大復活…!世界最大手のTSMCが「熊本に工場建設」した意外なワケ

TSMC熊本工場の衝撃

「世界中で半導体が不足して、様々な産業に大きな影響が出ている」というニュースを見ない日はない。しかし、なぜ半導体が不足しているのか? それによってどんな影響が出ているのか? そもそも半導体は何に使われているのか? 新聞やテレビでこの半導体不足に関するニュースを見ていても、これらの疑問は解消されない。

そんな中、半導体受託生産(他社が設計した半導体を製造)の世界最大手メーカーである台湾のTSMC(台湾積体電路製造:Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)が九州の熊本に新工場を建設することが決まり現地では工事が進んでいる。

なぜ熊本なのか? 日本政府は多額の補助金を投じて、なぜTSMCの新工場を誘致したのか? 地元の熊本はどう受け止めているのか? 様々な疑問の答えを探しに熊本に飛んだ。

熊本空港から車で15分ほど、熊本市の中心部からも車で30分ほどに位置する熊本県菊陽町でTSMCの新工場建設が急ピッチで進んでいる。

車で菊陽町に近づいていくと、遠くからでも森の向こうに巨大なクレーンが数多く立ち並んでいるのが見えてくる。異様な光景だ。周りに畑が広がる工業団地の一角にある新工場建設の工事現場には、大型車両が頻繁に出入りしている。

熊本県菊陽町の光景(撮影:春川正明)熊本県菊陽町の光景(撮影:春川正明)
【写真】TSMC新工場の建設現場(撮影:春川正明)TSMC新工場の建設現場(撮影:春川正明)

巨大クレーンの数は30近くに及び突貫工事が進んでいる。既に菊陽町に通じる道路では他府県ナンバーの車も増えて交通渋滞も起きている。

関連記事