2022.09.22

42歳シングルマザーが“不倫相手の子ども”を轢き殺そうとアクセル全開で突進…女性の恨みを買った36歳妻子持ち経営者の「素顔」と「ヤバすぎる言動」

清水 芽々 プロフィール

「春樹が本気なんだって知って嬉しかったですね。自分の人生が一気にバラ色になった気がしました」

舞い上がってしまった真希は息子の翔太(仮名)に「再婚を考えてる男性」として春樹を紹介した。翔太は最初こそ戸惑いを見せたものの「良かったじゃん!!おめでとう!幸せになれよ」とふたりを祝福。

「さすがにまだ春樹が既婚者であることは伏せました。ウソをついてるようで心苦しかったんですけど、春樹も再婚だということで、翔太も納得してくれたし、近いうちに離婚するんだから別にいいかなと」

そんな真希の期待も空しく、春樹の離婚話は一向に進まなかった――。

後編記事『「息子はオマエが殺したも同然」42歳シングルマザーが“憤怒”のあまり、“不倫相手男性36歳の家族”にアクセル全開で突進した「悲しすぎる動機」』では2人が迎えた衝撃の末路を詳述していく。

 
SPONSORED