2022.09.22

「息子はオマエが殺したも同然」42歳シングルマザーが“憤怒”のあまり、“不倫相手36歳男性の家族”にアクセル全開で突進した「悲しすぎる動機」

清水 芽々 プロフィール

息子が危篤状態なのに…

春樹を逃すまいと頭に血が上っていたせいだろう、翔太は交差点で無理な右折をして直進車にはねられてしまう。

「警察から連絡を受けて病院についたとき、翔太は緊急手術中でかなり危険な状態でした」

不安で胸が押しつぶされそうな真希はすがるような思いで春樹に電話をかけるが春樹は出ない。

「翔太が事故って死にそうなの」「どうしたらいいかわからない」「助けて!」とメールを入れてみても返事は来なかった。

 

「仕事関係の連絡もあるので春樹は周りに家族がいても夜中でも電話には必ず出るし、出られなくても着信記録を見て必ずコールバックはする人。それが無理でもメールには必ず返信する人なのに何時間たっても連絡はつきませんでした。こんなことは初めてです」

SPONSORED