“68歳で年収200万円”の契約社員が振り返る、定年前の「自動車販売会社でのきつかった仕事」

年収は300万円以下、本当に稼ぐべきは月10万円、50代で仕事の意義を見失う、60代管理職はごく少数、70歳男性の就業率は45%、80代就業者の約9割が自宅近くで働く……知られざる「定年後の仕事」の全貌——。

漠然とした不安を乗り越え、豊かで自由に生きるにはどうすればいいのか?

いま話題のベストセラー『ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う』では、定年後の就業者の事例から「定年後のキャリア」の実態を明らかにしている。

ここでは68歳、年収200万円、契約社員の谷雄二郎さんの事例を掘り下げる。

週末勤務で会社を支える

谷雄二郎さんは、秋田県出身の68歳の男性。

もともと学校での勉強は好きでなかったが、幼少の頃からモノ作りが好きであったことから高等工業専門学校の機械工学科に進む。

その後、東京に出ていきたいという思いもあり、工場勤務が想定されている製造業の会社ではなく、かつ機械関係の知識も活かせるメーカー系列の自動車販売会社に1970年代に就職することになる。

メーカー系列の会社ということで、当初は本社と機械の知識を活かしながらやり取りする仕事かと思っていた。

ただ、当時は社内で営業が圧倒的に足りない状況であり、営業職として仕事を始めることになる。最初は意に沿わなかったものの、上司や同僚にも恵まれ、営業がやりがいのある仕事となる。

「仕事はきつかったですが、景気がよかったので給料が毎年上がっていくんです。そこからバブル期に移行し、いい思いもさせてもらいました」

関連記事