給料激減でも元気に仕事…“68歳、年収200万円、貯蓄1000万円”の「働き方の本当の実態」

さまざまなデータから浮かび上がってくるのは、小さな仕事に対して確かな意義を感じながら前向きに働く人々の姿である。

人生100年時代と言われて久しいなか、定年後のキャリアに対して世間ではどのように受け止められているだろうか。

話題のベストセラー『ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う』では、定年後の就業者の事例から「定年後のキャリア」の実態を明らかにしている。

ここでは、メーカー系列の自動車販売会社に再雇用で働く、68歳・年収200万円・契約社員の谷雄二郎さんの事例を掘り下げる。

再雇用で同じ部署で働く

55歳のときに役職定年を迎え、同じ部署で働き続ける。別の部署から異動してきた上司はその仕事が未経験だったため、役職を外れても谷さんの仕事内容はこれまでとあまり変わらなかった。

60歳で定年となり、再雇用で週5日同じ部署で働くことに。66歳からは半年更新という雇用形態で、店舗が忙しい金曜、土曜、日曜の週3日勤務となり、いまに至る。

仕事内容は定年前の59歳から大きく変わった。数百ある全国の店舗から送られてきたデータをもとに、中古車を査定し下取り価格を設定する。お客様が待っているので、値付けの理由とともに、数字をすぐに返す必要がある。給料は大きくダウンした。

「そんなに難しい仕事ではありません。毎日多くの件数をこなさなければなりませんが、これでお金をもらっていいのかと思うくらいです。上司との難しい折衝なんかもありませんしね。勤務日数もいまは金土日と祝日だけの出勤です。要するに、忙しいときだけ。でも、私が仕事をしているから若手や中堅の従業員が休日にゆっくり休めて、家族との楽しい時間を過ごせるんです。だから、私の仕事はとても意義がある仕事だと思っています。休息時間に同僚と話すことも楽しいですよ」

「給与に関しては、私の父が地方公務員だった。だから、生涯ずっと上がってくんじゃなくて、必要なとき、要するに子育てで金かかるときに一番上げて、子育て終わったら下げていくんだって、親父から聞いてたもんですから。そういうものかと、頭にあったもんで、特に不満っていうのはなかったです。そういうものだと思ってました」

関連記事