2022.09.23
# 離婚 # 不倫

妻子持ち55歳男性が驚愕…パブで働く外国人女性から「妊娠報告」されて選んだ未来の伴侶とは

山本 昌義 プロフィール

家に帰りづらい週末は、そのパブで遅くまで飲んで酔っぱらうと時々、ジェーンさんの家に行っていたのでした。

この話を聞いた直後、弘希さんは、産まないという選択肢はあるのかと、ジェーンさんに尋ねました。

しかし、ジェーンさんは故郷の国の慣習的に中絶することはできないらしく、

「なるべく、迷惑はかけないから産ませてほしい」

と彼女は弘希さんに訴えかけました。

Photo by iStock
 

しかし迷惑はかけないと言った一方で、ジェーンさんは妊娠に伴う体調不良で満足に働くことができなくなっていて、弘希さんの援助が必要な状況でした。

動揺した彼は、ひとまず当面の生活だけは支える約束をして、この日は別れました。

それからしばらく、弘希さんは仕事も手に付かないほど悩みました。

恵子さんと離婚しようにも、彼女は専業主婦で、貯金もたいしてありません。年齢的に再就職も厳しいので、離婚したら路頭に迷わせることになります。

弘希さんは、恵子さんと離婚することを考えるだけで、申し訳なさで胸が痛くなったといいます。

かといって妊娠させてしまったジェーンさんを放置することにも、同じように罪悪感を感じていました。

関連記事