2022.09.23
# エンタメ

批判続出の『ちむどんどん』が、最終週で「駄作」の声を逆転する「起死回生の一手」

注目度は上がってきている

終盤に入っても批判の声はやまず

反響の大きさで言えば、絶賛の声が飛び交った前作『カムカムエヴリバディ』と同等以上かもしれない。前代未聞の視聴者ダメ出しハッシュタグ「#反省会」を生み出した朝ドラ『ちむどんどん』(NHK)がいよいよ最終週を残すのみとなった。

4月11日のスタートからヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が上京して就職するまでの序盤6週は、近年の朝ドラと比べてもネットメディアの記事が少なく、話題にすらならなかった感がある。

NHK公式サイトより
 

しかし、暢子が技術も経験もない自分を拾ってくれたはずのオーナー・房子(原田美枝子)に反発し、ペペロンチーノ対決を仕掛けたころから「#反省会」が盛り上がりはじめ、多くのネットメディアが記事化したことで一般視聴者層を取り込んで大きなムーブメントとなった。

残り1か月を切った9月に入っても、その流れは変わらずネット上には『ちむどんどん』に対する批判的なコメントと記事が続出。それは、暢子が東京の店を軌道に乗せて健彦を出産しても、賢秀(竜星涼)が清恵(佐津川愛美)と結婚して比嘉家の借金を完済しても、歌子(上白石萌歌)が長年の恋を実らせ、智(前田公輝)がトラウマを乗り越えて結ばれても、おおむね変わらなかった。

『ちむどんどん』はこのまま駄作のような扱いだけで終わってしまうのか。最後の最後に逆転する可能性はないのか。その可能性は高いとは言えないものの、まだ希望の光は残っている。

SPONSORED