2022.09.23

500万円をインデックスファンドに突っ込み「絶望」した55歳男性、その「根本的な間違い」

新屋 真摘 プロフィール

●相場が下がり続けるときの恐怖や、値下がりすることの痛みを甘く見ていた

数十万円の損失であれば大したことはなかったと思うかもしれませんが、じわじわ、ダラダラと下がり続ける相場と付き合うには想像以上の精神力が必要です。後からみれば意外と相場の底はすぐにやってきたと分かったとしても、その渦中にいる時は、どこまでマイナスが膨らむのか気が気ではありません。

●投資しているもののリスクについて理解できていなかった

わずかな成功体験をもとに、本来どの程度の値動きがある投資商品なのかをよく考えずに投資額を増やしていったのも間違いのもとです。人間は都合の良い情報だけが耳に入る生き物ですから、周りがやっているから、ネットで成功談を目にしたから…といった理由で投資を始めるのは危険です。

 

同じ失敗をしないためにするべきこと

同じような失敗をしないためには、ファイナンシャル・プランニングに基づいた資産運用が大切です。その要点をご紹介します。

(1)お金の色分け

現役世代の方からのご相談で多いのは、「とにかく運用を始めたい」「NISAかiDeCoを使わないと損」「周りもやっている」といった理由から入るケースです。

資産運用をフライトに例えてみると、目標、目的を定めずに投資をすることは、目的地のないフライトのようなもので、その揺れに耐えられません。

関連記事