2022.10.02

なぜか「給料が“爆上げ”する人」が急増中…! 日本は「値上げ地獄」のウラで、いま世界で起きている「もっとヤバすぎる現実」…!

いったい、どうなっちゃうの…!?

みなさん、最近は電気代、食料品代がずいぶん高くなったとお感じだと思います。

この10月からは回転ずしの値段が上がったり、ビールの価格が上がったりと、ますます値上げ品目が増えます。そして心配なのは「この後、来年はどうなるの?」ということだと思います。

私は経済評論家の中でも未来予測を専門にしています。

実はこの先、「もっと心配な状況になる」という予想が見えているのですが、そのメカニズムがかなり専門的で複雑で、それをうまく読者のみなさんに説明する方法を日々試行錯誤しています。

今回の記事では今起きている値上げラッシュのメカニズムを理解することで、未来のショックをどう待ち受けるのがいいのかを一緒に考えたいと思います。

インフレにはエネルギーなどの資源高と景気の過熱によるものと2つある Photo/gettyimages
 

さっそく、解明を始めましょう。

目の前の値上げラッシュは、実は「ふたつの違った種類のインフレが同時に起きている現象だ」ということが、今回の話の出発地点です。

インフレにはコストが上がるインフレと、需要が過熱するインフレがあります。ロシアのウクライナ侵攻で原油や小麦の価格が上がったり、上海のロックダウンなどコロナの影響で物不足や半導体不足が起きたのが、前者の「コストが上がるインフレ」です。

SPONSORED