「高校時代のアイドルを射止める」そんな漫画やドラマの世界のようなことはどれくらいあるのだろう。厚生労働省が発表した「初婚夫妻の年齢差別にみた婚姻件数」によると、2020年の初婚同士の婚姻件数は29万2214件。平均年齢は男性が31.2歳、女性が29.6歳で、年齢差の1位は「夫婦同年齢」の8万9666件。夫が1歳年上が2位で6万2283件、夫が2歳年上が3位で4万4995件、妻が1歳年上が4位で4万3296件となっている。つまり、「高校時代をともにすごした年代」での結婚の比率はかなり高いのだ。

キャリア10年以上、3000件以上の調査実績がある私立探偵・山村佳子さんは浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の代表だ。多くの結婚の形を目撃してきた山村さんのところに今回相談に来たのは、憧れの同級生を思い続け、結婚した38歳の花乃子さん(仮名・38歳)。大好きな自慢の夫の浮気で捨てられるのではと怖くなり相談にきたという。しかし大抵の場合、調査をしていくとそこにはまた新しい「原因」が見えてくる。調査をして明るみにでた「原因」をどう改善していくか。それが家族を作っていくことになるのかもしれない。この連載は、調査だけでなく、調査後の依頼者のケアまで行う山村氏が見た、現代家族の肖像でもある。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
山村佳子さん連載「探偵が見た家族の肖像」これまでの記事はこちら
 

昔からモテる夫だった

今回の依頼者はパート勤務の花乃子さん(38歳)です。結婚8年の夫(38歳)の外泊が増えたことにより、浮気を疑い私たちに相談に来ました。
「夫は昔から本当にモテて、結婚前も二股や三股をかけられていたんです。結婚してからも何度か怪しいそぶりはあり、見て見ぬふりをしてきましたが、もう限界なんです」
そう言って、目に涙を浮かべています。

夫は大手の通信関連会社に勤務しています。花乃子さんと出会ったのは関東近郊の名門県立高校です。1年生のときに同じクラスだった夫は、サッカー部の主将としてアイドル的な人気を博すようになります。文武両道の夫は、部活動にも力を入れながらも、名門大学の指定校推薦をとり、合格。花乃子さんは彼を追いかけるために浪人してその大学に入り、少しずつ距離を縮めながら取り巻きのひとりになり、30歳のとき結婚します。

高校のスターだった夫と13年の片思いを経て夢のような結婚 Photo by iStock

「17歳のときに彼を“好きだ”と意識してから、13年間も片思いして、やっとプロポーズしてもらえました。すぐに子供も2人生まれて幸せだったのに、彼はちょいちょい浮気をするんです」