なまったからだを鍛え直す! 最強のタバタトレーニング

今すぐできる! しかも、道具不要!

1日たった4分足らずの時間で、有酸素性トレーニングと無酸素性トレーニングを同時に行えて、かつ、どちらも最大の効果が得られる夢のようなトレーニング方法が今回オススメする「タバタトレーニング」だ。

世界中の人たちが日々実践しているこのトレーニングの特徴は、「高強度・短時間・間欠的」の3つ。

本記事では、特別なトレーニング器具を使わずに、自宅で簡単に始められるトレーニング法を紹介する。コロナ禍でなまった体を鍛えなおしてみよう!

※本稿は田畑泉『1日4分 世界標準の科学的トレーニング』を一部再編集の上、紹介しています

タバタトレーニングなら体力や体調に合わせて選べる!

タバタトレーニングは、運動の強度に配慮すれば、自転車エルゴメータなどのマシンを使わなくても行えます。

この記事では、自分の体重を利用した9つのトレーニング例のなかから、「はじめてのタバタトレーニング」編として2つを紹介します。とにかく、やってみてください。

イメージをつかむために、動画を参考にするのもおすすめです
(https://youtu.be/

はじめてのタバタトレーニング

この2つのトレーニングは、超シンプルな動きのトレーニング。はじめてタバタトレーニングを行う人や、運動が苦手な人にもおすすめです。

また、基本は10秒の休息を挟みながら20秒の運動を8回行うことなので、2つの動きを組み合わせてもかまいません。慣れてきたら、他の動きも取り入れてみてください。

いずれにしても、できるだけ下肢や体幹の筋肉を多く使い、速く動くようにしましょう。イラストでは靴を履いていますが、運動を行う環境にあわせて適宜、判断して、ケガをしないようにしてください。

関連記事