TOP
>
オーストラリアサステナブルツアーで知る「とり過ぎない」から持続する豊かな生活
2022.10.04

サステナブルトラベル2 後編

オーストラリアサステナブルツアーで知る「とり過ぎない」から持続する豊かな生活

オーストラリアサステナブルツアーで知る「とり過ぎない」から持続する豊かな生活 引き潮で一面が干潟になるクーヤビーチ  画像ギャラリーを見る→

今年9月15日世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が「(世界的大流行の)終わりが見えている」と述べ、コロナパンデミックの収束が近づいているとの認識を示した。日本政府も海外からの受け入れ人数をこれまでの2万人から5万人へと大幅に増やし、10月にはgo to トラベルも再開するという。コロナ禍で壊滅的なダメージを受けた旅行業界も徐々に回復しようとしている。

一方でコロナ禍で外出制限されている間に様々な気づきもあった。ロシアの侵略によって燃料価格は高騰し、また今夏は地球温暖化に起因するであろう異常気象が世界各地で見られた。訪問先の経済、社会、環境への影響に配慮したエコツーリズム、サステナブルトラベルなどにも注目が集まる。今後の旅の目的や過ごし方はどう変わるのだろう。

旅とホテルをテーマにノンフィクション、小説、紀行、エッセイ、評論など幅広い分野で執筆する作家山口由美さんが、コロナ禍後最初の海外取材先にオーストラリアのケアンズ選んだのは「デインツリーを先住民に返還という2021年9月のBBCニュースの記憶が残っていて、そこがケアンズから日帰り圏であることと結びついた」からだと言う。

前編「『森にあるもので生活』オーストラリアのサステナブルツアーが教えてくれたもの」では、世界遺産の一つで世界最古の熱帯雨林デインツリーで渓谷を歩くツアーに参加したところまでをお伝えしたが、午後のツアーの始まりで突然「竹槍」を選ぶよう指示された山口さん。先住民のガイドは、山口さんらに何をさせるつもりなのか。後編では彼らの目的と、それこそがサステナブルツアーだと感じた山口さんの体験をお伝えする。

竹槍で「狩る」ものとは

「えっ?」

「これでマッドクラブを捕まえるんだ」

モスマン渓谷文化センターの「ドリームタイムウォーク」を体験した日の午後、渓谷の川が海に流れ込む河口にあるクーヤビーチに移動した。午前中のガイド、ベンと同じククヤランジ族のリンクが自主運営する「沿岸ビーチとマングローブウォーク」に参加するためだ。 

炎天下の浜辺を歩くので帽子や日焼け止めは必須と聞いていたけれど、ツアーのメインがマッドクラブ狩りとは知らなかった。竹槍は太古の昔からククヤランジ族が浜辺の生き物を捕るのに使っていた道具だ。

「靴はここで脱いでいったほうがいいな」ふかふかの泥の干潟は、確かに裸足のほうがいい。バケツを持って先を行くリンクの後をついて干潟を歩く。

バケツと竹槍を持って干潟を歩くガイドのリンク。私たちはその後を追う。写真:本人
SHARE

RELATED ARTICLES

関連記事

SUBSCRIBE NOW!

FRaUxSDGsメールマガジン

メルマガに登録するとSDGsに特化したFRaUの最新情報が受け取れます

Subscribe Now!
メールマガジン登録