2022.10.11
# 企業・ビジネス

この国はまだ世界で戦える…!キヤノン電子、クボタ、NEC、パナソニック…とんでもない技術を開発する「日本のすごい企業」

この国には長く停滞感が漂っている。しかし、まだ世界で戦う力は確実に残っている。企業のトップ、若き起業家、天才的研究者--日本をもう一度輝かせるトップランナーたちの取材し、話を聞いた。

技術力に勝機あり

円安や物価高で、日本がどんどん貧しくなっていると言われる。思えば、バブル崩壊以降、日本は世界的に凋落していき、高齢化と人口減少も相まって沈滞したムードが漂っている。そこにコロナ禍が追い打ちをかけた。

しかし、かつて世界を席巻した日本の技術力はまだ色褪せていない。

Photo by iStock
 

エコノミストの中原圭介氏がこう話す。

「かつて日本は家電製品や半導体で一人勝ちでしたが、今は中国や韓国の後塵を拝しています。IT技術ではインドの台頭が著しく、グーグルやマイクロソフトのCEO(最高経営責任者)はともにインド人です。こうした企業と同じ分野で戦っても勝つのは難しいでしょう。

しかし、日本企業には、これまで蓄積してきた技術が根付いています。これを再びビジネス化することで、勝てる要素は十分にあります」

SPONSORED