菅義偉前首相 「安倍国葬」で話題を呼んだ感動の弔辞のウラに「使いまわし」と「元ネタを教えた人物の名前」

9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で、菅義偉前首相が友人代表として弔辞を述べた。これが感動的だと話題を呼び、内容も菅前首相が自身でほとんど書いたと報じられているが……

「感動の弔辞」の舞台ウラ

6月17日のフェイスブックにはこう書かれている。

<一昨日故葛西敬之JR東海名誉会長の葬儀が執り行われました。
常に国家の行く末を案じておられた葛西さん。
国士という言葉が最も相応しい方でした。
失意の時も支えて頂きました。
葛西さんが最も評価する明治の元勲は山縣有朋。... >

投稿は7月8日に凶弾に倒れる前の安倍晋三だ。

太字の<もっと見る>をクリックする
と、こう続く。

好敵手伊藤博文の死に際して彼は次の歌を残しています。
「かたりあひて尽しゝ人は先だちぬ今より後の世をいかにせむ」
葛西さんのご高見に接することができないと思うと本当に寂しい思いです。
葛西名誉会長のご冥福を心からお祈りします

おわかりだろう、山縣有朋の「かたりあひて⋯⋯」は、現首相の岸田文雄の依頼により、友人代表として先の国葬で菅義偉前首相が弔辞の結びとして詠んだあの歌である

Photo by GettyimagesPhoto by Gettyimages
 

葬儀で異例の拍手を浴びた菅本人、ABEMAの取材に弔辞についてこう鼻を高くした

「(岸田から)提案があったので、『大変だ』と思って一生懸命資料集めから。一気にではなくまず全体像を入れていくというか、『何をして、何をして』という構想からした。それと、私自身が今まで発言したものを集めていき⋯⋯」

本当にそうだろうか。

関連記事