「マッチングアプリで結婚した夫婦の調査依頼は激増しています。これは、お互いの背景をよく知らないまま結婚してしまうので“こんなはずではなかった”という思いから調査が始まることは多いです」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

コロナ禍を機にマッチングアプリで出会い、結婚する人は増えた。国立社会保障・人口問題研究所の『第16回出生動向基本調査 結果の概要』(2022)を見ると、2018年後半から2021年前半に結婚した夫婦の13.6%が「SNSやマッチングアプリといったインターネットサービスを利用して知り合った」ことがわかる。そして2019年から2020年にかけて、増えているもう一つの数字が「家庭内暴力」の数だ。内閣府男女共同参画のデータによると、2019年から2020年にかけて配偶者間の家庭内暴力の相談件数は1.5倍に増えている。

山村佳子さんのもとに相談に来た派遣社員の沙織さん(仮名・42歳)は、マッチングアプリで結婚した結婚8年になる外資系コンサルティング会社に勤務する夫(45歳)が沙織さんをバカにする言動をし続けており、離婚に有利な条件を得たいと私たちに相談に来た。

前編「マッチングアプリで出会った「完璧な夫」が豹変…「バカ扱い」され続けた妻の決意」では、沙織さん夫妻の8年間をお伝えした。ふたりはマッチングアプリで出会いスピード婚。夫は学歴・容姿・収入の条件が整った優しいエリートだったが、結婚を機に豹変。沙織さんをバカにする言動を繰り返し、結婚後すぐに生まれた娘(7歳)のことは無視をしている。ふんだんな生活費は支払うものの、その代償として痛みと屈辱を伴うセックスを強要されている。完全なる精神的DVだ。しかも夫側の両親も夫を避けているのだという。もはや耐えられなくなった沙織さんは、なにか証拠をつかみたいと山村さんのところに浮気の調査の依頼に来た。浮気をしているかどうかも定かではない中、果たしてなにか調査でわかるのだろうか。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
Photo by iStock
 

「どうせバカと言われるだけなんです」

今回の調査は、「夫に浮気があるかどうかわからない」ことからのスタートです。沙織さんとは週に1~2回の性交渉があるので、浮気があるかどうかはわかりません。しかし、沙織さんの夫のようなタイプのエリート男性の中には、「女性の数をこなすことに喜びを感じる」という人がいることもあります。
ひとりの相手と関係を深めていくのではなく、より多くの女性と関係を持って、数を競うようなところがあるのです。

沙織さんに夫の在宅時間を聞くと、朝は8時に家を出て、22時に帰宅するとのこと。本業の会社員の他に、ネット関連の会社を2つ経営しており、1か所のオフィスを持っています。この会社のオフィスがどこにあるか、何人の社員がいるかなど沙織さんは全く知りませんでした。「どうせ、バカと言われるだけなので、聞こうとも思いませんでした」という言葉に、苦しみに満ちた結婚生活を想像してしまいました。

そこで、沙織さんの自宅マンション前で調査を開始。都心の高級住宅街にある低層マンションで、落ち着いた雰囲気です。
このエリアは、大使館なども少ないために、警備や近隣の目も少ない。ただ、タクシーがつかまりにくいために、バイクの探偵も配置。心にゆとりを持ちつつ、夫が出てくるのを待ちます。

Photo by iStock