2022.10.11

結婚相手の「義母」の過干渉に苦しむ、26歳女性に「実母」が放った、壮絶なひと言

様々な価値観により結婚観が変化しつつある。内閣府が行った「男女共同参画に関する世論調査」によると、「結婚は個人の自由である」(「どちらかといえば賛成」を含む)と考える割合が70%であることが分かった。

昔ほど、結婚に対する社会的な圧力はなくなってきており、人生の選択肢の一つとして考えられるようになっているようだ。

結婚の自由化が進む中、結婚を強く望みすぎて失敗してしまったケースもある。都内在住の会社員、ミナコさん(仮名、26歳)もそんなひとりだ。

前編記事『26歳妻の大誤算…息子に結婚をゴリ押しした「味方だと思った義母」のヤバすぎる正体』では、なかなか結婚に意識が向かない彼の義母の一声で、結婚が決まるまでの経緯をお伝えした。しかしその結果、思わぬミナコさんに思わぬ悲劇が待ち受けていた…。

義母との関係がこじれ始めた

結婚を意識し始めたミナコさんたちに対し、『Aの結婚式場よりもBのほうが人気みたいよ?』『ここの式場、安いしいいじゃない』などと義母が口出しし始めるようになったのだ。しかし、口は出すものの金銭的な援助は一切なかったという。

他にも、「これから家族になるから親睦を深めましょう」とドライブ旅行を月一で企画されるなど、ストレスに感じる事が増えたそうだ。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

「一番キツかったのは、私と彼と義両親の4人で同じ部屋で寝たことです。『ミナコちゃんの髪の毛落ちてるわよ!』と指摘されたり、行動をいちいちチェックされているような気になり、全く楽しめなかった。

結婚してもこの関係が続くと思ったらゾッとしました。でも”結婚は我慢の連続”って良く聞くし、こんなもんなのかな…と思って諦めていた部分もありました」

夫からはプロポーズはなく、義両親から勧められて渋々といった状況。おまけに義母の過干渉。幸先の良いスタートとはいえない状況でありながらも、ミナコさんは別れることが惜しい気持ちと世間体から結婚話を進めていったのだった。

関連記事