2022.10.08

26歳韓国美女プロゴルファーが苦戦…それでもメディアがほっとかないモデル顔負けの“美貌”

身長173㎝

昨年、韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーの1部に初参戦したチョン・ジユ。1996年生まれの今年26歳で、韓国ツアーでは下から数えたほうが早い“中堅”選手だが、彼女が試合に出るたびにカメラマンはそのプレーを追いかける。

写真/MHN Sports

その理由は18歳からゴルフを始め、ツアープロになったこと。もう一つは、プロの世界で戦うアスリートとは思えないほど容姿端麗で、身長173センチのモデル体型が人目をひく。それだけでもメディアが追わない理由はないだろう。

今シーズンは2部ツアーを主戦場にしているが、1部の「ハナ金融グループチャンピオンシップ」(9月29~10月2日)に推薦枠で出場した。ちなみに「ハナ金融グループ」はチョン・ジユの所属先で、メインスポンサーでもある。つまり、ホステスプロとして登場したことで、今大会も話題になっていた。

ただ、結果は振るわず、初日「73」、2日目「76」の通算5オーバーの87位タイで予選落ちした。今シーズンの1部ツアー出場はこれで2度目だが、1回目は7月の「エバーコラーゲン クイーンズクラウン」で予選を通過して4日間を通算6アンダーの44位タイでフィニッシュしている。スコアをまとめる力はあるが、やはり1部で上位争いするにはもう少し力が必要だ。

 

他の選手と比べて、経験が足りない部分があるとはいえ、子どものころからゴルフのエリート教育を受けて、プロゴルファーになる選手がほとんどの韓国で、彼女は18歳からゴルフを始めてからプロゴルファーとなった。そこから1部ツアーでプレーするまでに至った努力と実力は認められてもいいだろう。

SPONSORED