2022.10.24
# Apple # 精密機器

今週発売! 最新iPadとiPad Proはどう変わる? なぜ変わる?

なぜか維持された「不可解な点」とは?

iPadの「現在地」

10月26日から発売になる、2種類の新しいiPadの実機に触れる機会を得た。早速、レビューをお届けしよう。

【写真】10月26日に発売になる第10世代iPad10月26日に発売になる第10世代iPad(右)と、第6世代iPad Pro(左)

今回発表になったのは、最も安価なラインである「iPad」(6万8800円から)と、最も高価なラインである「iPad Pro」だ(11インチは第4世代・12万4800円から、12.9インチは第6世代・17万2800円から)。同じiPadでも、両者の役割はまったく異なっており、ハードウエアや周辺機器の構成も異なる。

「現在のiPadが、どのように多様化しているのか」という点を理解する意味も含め、この2モデルの違いを紹介していこう(なお、レビューのために今回貸し出しを受けたiPad Proは12.9インチモデルであるため、以下の文中でiPad Proとある場合、特に断りがないかぎり12.9インチモデルを指す)。

iPadの大変化

まずは「iPad」から始めよう。

ご存じの方も多いかとは思うが、アップルは、iPadやMacなどでは型番などを商品名に使わない方針を採っている。同じ名前、たとえばiPadのままで「世代数」を付記するかたちで製品の違いを示す。

だから、今回発表された製品はiPadが「第10世代」、12.9インチのiPad Proが「第6世代」ということになる。

このことは、製品のブランド名を認知させるには良いやり方だろうと思うが、同じデザインで中身が変わったときなどに製品の違いを把握するには少々わかりにくい。

とはいえ、その点は今回、問題にならないだろう。なぜなら、「iPad」のデザインが久々に大きく変わったからだ。

ついに消えたホームボタン

iPadにはいくつかのデザインバリエーションがあるが、近年は1つの流れがあった。四隅が丸まった薄い箱のような形状で、充電用のインターフェースはUSB Type-C、表面に丸いホームボタンはない……という形状だ。

このデザインはiPad Proからスタートしたものだが、現在はiPad mini、iPad Airも同様の形状になっている。

一方、「iPad」は第9世代まで「ホームボタンあり」「充電はLightning端子」というデザインを維持しつづけてきたが、今回の第10世代から「ホームボタンなし」「充電はUSB Type-C」へと変更された。ついに、iPadのデザインが統一された、といってもいいだろう。

【写真】第10世代iPadと第4世代iPad Air左が第10世代iPad、右が第4世代iPad Air。非常によく似た外観へと変わった

実際には、第9世代iPadも一部併売されるので、販売されているすべてのiPadが同系統のデザインになった……というわけではない。とはいえ、統一は事実上「終了した」といって差し支えないだろう。

そうなると、どうしても気になる点が1つ出てくる。