2022.10.29
# ライフ

「なんで私がフラれる立場なんだ」…傲慢な32歳女性に年収700万の男性が放った「衝撃」の一言

【前編】「『医者、商社マンからモテていた』と男性に文句ばかり…高望みしすぎる32歳女性が婚活に『絶望』したワケ」でお伝えした通り、学生の頃からずっとモテ続けた麗奈(仮名、[以下同])さんは、28歳から始めた婚活で高望みをしてしまい、なかなか思うようにいきませんでした。それでもめげずに婚活を続けたのですが、彼女が30歳を超えたあたりで、状況が劇的に変わってしまいます。

 

過去の栄光と比較してしまう

麗奈さんが30歳を超えたある日のこと、ふとあることがアタマをよぎります。

「最近、寄ってくる男性の質が落ちた気がする…」

ハイスペックな男性からアプローチされることが少なくなって、デートの回数がかなり減っていたのです。

たまのデートも、そこそこの年収の年上男性と大衆的なレストランに行くようなものばかりでした。

Photo by iStock

当初は憤慨するばかりの麗奈さんでしたが、さすがにこうも続くと危機感を覚えたといいます。そうして彼女は少しずつ妥協したほうがいいのではないかと考え始め、少しくらい(麗奈さんにとって)年収が低い男性でも誘われたら応じるようになったそうです。

そんな中、32歳になったタイミングで彼女はある男性と出会います。大手企業で働く、年収700万円の男性、吉田勇人さん(40歳)です。

この頃に出会った男性の中では、年収が一番マシだったといいます。

関連記事