2022.11.11

世界には、どうして豊かな国・地域と貧しい国・地域があるのか?その「3つ」の原因

世界には、どうして豊かな国・地域と貧しい国・地域があるのか。

オデッド・ガロー『格差の起源 なぜ人類は繁栄し、不平等が生まれたのか』は、1人当たりの所得の2010~18年の国家間格差のうち、原因がわからない部分の約4分の1は「社会の多様性」に帰せられ、「地理と気候の特性」でおよそ5分の2が、「病気の蔓延しやすさ」で約7分の1が、「民族や文化の要因」で5分の1、「政治制度」で約10分の1が説明できる可能性があると言う。

何が経済的繁栄の大幅な開きを生んだのか。貧しい国が豊かな国に追いつくのを阻んできたのは何なのか。同書の議論を紹介しよう。

PHOTO by iStock
 

国家間格差の背景1:地理や気候の特性、病気の蔓延しやすさ

ヨーロッパの方が先に産業革命が起こって富を蓄積し、軍事力が強大になったことで、ほかの地域を圧倒するようになった――ということは誰にでも思いつく。ではどうして工業化社会への移行の時期の早い・遅いが生まれ、また、そのあと「追いつく」のに遅れる地域がいまだあるのか。

20世紀後半には、技術進歩と物的資本・人的資本の蓄積が経済成長を促すと考えられ、途上国支援政策が進められてきた。しかし効果は限定的だった。つまり、こういったことだけでは繁栄の理由は説明がつかない。

ガローによれば、産業革命に出遅れた地域は、狩猟採集生活から農耕・定住社会への移行を早くに果たしていたことが少なくない。たとえばトルコやヨーロッパ南東部はイギリスや北欧諸国より何千年も早く農耕社会を実現したが、今ではそれらの国より貧しい。そのほかの地域においても、農業化をいち早く経験した豊饒な土地は、ヨーロッパ諸国に植民地にされてしまったところが少なくない。

どうしてなのか。農業へ特化したせいで都市化が妨げられたからだ、とガローは言う。つまり一種のイノベーションのジレンマである。

農業で豊かな土地は、それに最適化した地理、制度、文化であるがゆえに、工業化社会に必要な、都市への人口集積、工場労働者になる人材に対する教育を施す社会制度などの整備が大きく遅れた。

農業への早期移行を助けた力――生物の多様さ、家畜化や栽培化可能な動植物の豊富さ、大陸の横方向への広がり――は、産業革命以降はそれほど意味をなさなくなる。

ようするに、地理的条件の違いによって、である。

地理的条件によって、農耕に適しているかどうかだけでなく、採掘可能な化石燃料や鉱物などの自然資源の量も決まる。自然資源は莫大な利益を生むが、やはり長期的には「資源の呪い」をもたらす。資源が豊富だと、それに依存した産業・社会構造になってしまうからだ。

SPONSORED