2022.11.05

習近平が焦る、ついに「不動産バブル崩壊」が始まった…! 共産党大会で明らかになった「中国金融ショック」のヤバすぎる現実…!

習近平が恐れる「中国の巨大リスク」の正体…!

「世界の債務レベルが持続不可能な水準にみえる。今後数年間は政府の能力に対して懸念が生ずれば、市場参加者が積極的に圧力をかけるだろう」

このような警告を発しているのは米債券運用大手ピムコのアイバシン・グループ最高投資責任者だ(10月29日付日本経済新聞)。

新型コロナのパンデミック下で世界の債務がかつてない規模に膨張しており、市場関係者の間で「ミンスキー・モーメント」という用語が飛び交うようになっている。

中国共産党大会で演説する習近平国家主席 Photo/gettyimages
 

この用語は米国の経済学者ハイマン・ミンスキー(1919~96年)に由来している。

ミンスキーは「カネ余りの時には気前よく債務を膨らませて投資を行うが、危険水準に達すると金融危機になる」ことを解明したことから、バブルから金融危機に転じる時点のことを「ミンスキー・モーメント」と呼ばれるようになった。

その危機が、中国に忍び寄っているのではないか――。

共産党大会を経た今、その不安はますます強くなっていく。

SPONSORED