次々と予想が的中!源実朝は「シャーマン的な司祭王」だった!?

歴史家が見る『鎌倉殿の13人』第41・42話
源実朝はスピリチュアルな将軍だった!?
『頼朝と義時』(講談社現代新書)の著者で、日本中世史が専門の歴史学者・呉座勇一氏が、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送内容をレビュー。今回は、先週放送の第41話「義盛、お前に罪はない」、昨日放送の第42話「夢のゆくえ」について、専門家の立場から詳しく解説します。

『鎌倉殿の13人』の第41話では和田合戦、第42話では源実朝の唐船建造が描かれた。和田合戦での北条義時の謀略に戦慄した源実朝は、義時と距離をとり、朝廷と協調する独自の政治路線を推進する。後鳥羽上皇に心酔する実朝と、御家人たちの利益を第一に考える義時との軋轢は深まる一方であった。歴史学の観点から第41・42話のポイントを解説する。

和田合戦の勃発

建暦3年(1213)5月2日、和田義盛らは150騎で挙兵した。『吾妻鏡』によれば、八田知重(八田知家の子)が近隣の義盛邸に軍勢が結集していることに気づき、大江広元に通報した。

広元は将軍御所に向かったが、同じ頃、三浦義村も義盛の蜂起を義時に報告した。囲碁をやっていた義時は少しも動揺することなく将軍御所に向かい、まず政子と実朝夫人を鶴岡八幡宮に避難させた。

同日申の刻(午後4時ごろ)、義盛軍が御所に押し寄せてくると、北条泰時らが防戦したが、和田方の朝比奈義秀が門を破って南庭に侵入し、御所に火を放ったため、実朝・義時・広元は頼朝の墓所である法華堂に逃れた。なお義時邸も攻められたが、義時の家人たちが奮戦して守り切った。

けれども藤原定家の日記『明月記』建暦三年五月九日条によれば、実朝は大江広元の急報によって法華堂に逃れ、政子・実朝夫人も広元・三浦義村の知らせによって逃れている。『吾妻鏡』の記述は、義時が実朝・政子の退避に貢献したと主張するために、『明月記』の記述を脚色したものと考えられる。

『明月記』同日条によれば、広元が駆け付けた時、御所の警備は手薄で、実朝は宴会を開いており酔っぱらっていたという。また前述のように、義時の初動は遅い。義盛を挑発した割には無策で、機敏に対応できていない。おそらく実朝・義時は、義盛が御所を攻撃することを想定していなかったのだろう。

この時展開されている政治抗争は基本的に義時と義盛の対立であり、義盛は義時邸を攻撃すると、義時は考えていたのではないか。比企氏の変をはじめ、これまで鎌倉で行われた政変において将軍御所が襲われた事例はない。そこに義時の油断があったと思われる。

だが義盛にしてみれば、将軍実朝を自らの手中に収めなければ、大義名分が得られず、反乱軍の汚名を着せられてしまう。真っ先に将軍御所を攻撃した戦略は正しい。

義盛が実朝確保に失敗したのは、同族の三浦義村が北条方に寝返ったからである。『吾妻鏡』によれば、義村は挙兵に同意し、起請文を書いて御所の北門を固めることを義盛に誓ったにもかかわらず、約束を破って義時についた。

三浦一族略系図

これによって御所を包囲して実朝を捕らえる義盛の目算は崩れ、義時は虎口を脱した。後代に成立した説話集ではあるが、『雑談集』や『古今著聞集』も、義村の衝撃的な裏切りを和田合戦の核心として重視している。

義村が従兄の義盛を裏切ったのは何故か。『明月記』は、両者が以前から対立関係にあったと指摘している。三浦一族の惣領である義村にしてみれば、自分よりも威勢をふるう義盛の存在が面白くなかったのだろう。義村が義時と母方の従兄弟の関係ということも、大きく作用したと見られる。

関連記事