2022.11.04

「身体の関係は持ったけど、浮気はしていない」69歳男性の“20歳年下”彼女の言い訳が酷すぎた…そのとき男性がとった「悲しい行動」

男女が付き合うかどうか判断する上で、「経済力」は大きなウェイトを占める要素であることは間違いない。しかしお金に依存し過ぎるいびつな恋愛では幸せになることはできない。前編に引き続き、「お金の力」で女性に近づくも、悲しい末路を辿った元・実業家の実話を麻未氏がレポートする。

(画像はイメージです)photo by gettyimages

「酷い姿を見せてしまって、ごめんなさい」

17年前に妻を亡くした宮田(仮名・69歳)は近所の小料理屋の美人女将(49歳)と、2年前から男女関係を結んでいる。女将の自宅兼店舗のリフォーム代1300万円を肩代わりしようとした矢先、女将のSM未遂現場を目撃してしまった。

「悩みましたが、私は純子さんを許す事にしました。私は糖尿病になってから、若い頃のように女性を肉体的に満足させられなくなっているんです。その負い目もありました」

 

現場を押さえられてからの女将の行動は早かった。宮田によると、すぐに電話が入り、翌日には話し合いをすることになったという。女将は、泣きながら「酷い姿を見せてしまって、ごめんなさい」と何度も謝り、「あの人とは付き合っている訳でもなくて、悪酔いした時に興味本位でしてしまっただけ」と釈明したという。

SPONSORED