2022.11.04

「身体の関係は持ったけど、浮気はしていない」69歳男性の“20歳年下”彼女の言い訳が酷すぎた…そのとき男性がとった「悲しい行動」

麻未 知花 プロフィール

美人女将の「思惑」

宮田はうまく丸め込まれたが、これは場数を踏んだ「悪女」の典型的な誘導である。

万人に通用する手口ではないが、浮気現場を目撃された時、下手に誠意を見せようとしてその場で謝り、後日謝っても男性側に大きな不信感を残す結果となりやすい。

しかし、男性に未練や執着がある場合に限るが、現場では開き直ったうえで、後日謝れば、不信感は残るものの、男性は「改心してくれた」と考えやすく、「二度と同じ過ちを繰り返さないで欲しい」という前向きな意識に誘導しやすくなる。

さらに言えば、女将は行為に及んでいた男を手放したくないがため、「あなたの彼女になった覚えはない」という辛辣な言葉を宮田に投げかけた可能性も大だ。

つまり女将は、あの土壇場で、SMの相手と金づるの宮田、双方の“関係確保”の一手を打ったわけだ。

 

その場しのぎの修羅場をいくつも潜り抜けた女ならば、高齢男性を意のままに操るのは容易いものなのだ。案の定、泣き落としで宮田の心を繋ぎ止め、改装費1300万円も自分の口座に振り込ませる事に成功している。

SPONSORED