2022.11.15
# 医療・健康・食 # 週刊現代

納豆と牛乳は朝と夜で「効果」が違う…!多くの人が知らない、「食べる時間」で寿命が決まるワケ

何を「いつ」食べるか

「今まで栄養学では『何をどれだけ食べるか』ばかりが注目されていました。しかし、2017年に体内時計に関する研究がノーベル医学・生理学賞を受賞した頃から、『何をいつ食べるか』に着目した『時間栄養学』の重要性が急激に高まっているのです」

こう語るのは早稲田大学理工学術院先進理工学部教授で薬学博士の柴田重信氏だ。柴田氏は「時間栄養学」の権威として知られており、新著『脂肪を落としたければ、食べる時間を変えなさい』(講談社+α新書)を10月に上梓している。

「一日は24時間ですが、人間の体内時計は約24. 5時間のサイクルで動いています。普通に生活していても、体内時計には必ずズレが生じるのです。体内時計の狂いが大きくなると、がんや糖尿病など多くの病気の原因となります」(柴田氏)

Photo by iStock
 

実は、不調の原因となる体内時計のズレをリセットする方法がある。それが毎日の食事だ。柴田氏が解説する。

「人間の身体には時計遺伝子という遺伝子が存在します。朝食など食事で血糖値を上げると時計遺伝子が活性化し、止まっていた体内時計が動き出します。これで人間の社会活動と体内時計のサイクルがかみ合うのです。

時計遺伝子のもう一つの働きとして、同じ物を食べても、時間帯によって身体に与える影響を変える役割もあると明らかになっています」

同じ食べ物でも、口にする時間を意識して効果的な食べ方ができれば、肥満の予防や善玉菌の多様性の保持、免疫系のバランスを保つのに役立つ。食べる時間を意識すると、健康的に年齢を重ねることが可能になるのだ。

SPONSORED