2022.11.13

「在日3世」の私が、日本から移住してわかった「住みづらすぎる韓国」の“おかしな現実”と「ヤバすぎる道路事情」…!

「ハロウィン事故」韓国の「意外な道路事情」

韓国の梨泰院は、米軍基地が隣接しており日頃から国際色豊かな街の一つとして知られてきた。また昨今の韓国ドラマ「梨泰院クラス」で脚光を浴び、ソウルでも先端な街として若者に人気が高い。

その梨泰院で10月29日22時半頃に事故が起きた。数十万人が訪れていたという梨泰院の大通りに出る路地でドミノ倒しが起こり、11月1日時点で155名の死亡が確認された。また外国人の死亡者もイラン、中国、ロシア、米国、日本、フランスなど14ヵ国26人に及んだ。

ハロウィーンの華やかさから一転… photo/gettyimages
 

この事故に対して警察の警備の不手際、国と市の管理問題などが指摘されているが、実のところ韓国の道路事情に多くの問題があると韓国に住んでいる私は思う。

実際に日本から韓国に移り住んでからというもの、韓国の道路、歩道でまともに歩ける場所は少ないと感じている。

私が「まともでない」と言うのは、その地形を削ったり整えたりせず自然な地形に道路や歩道を作っているということ。私の住む江南駅付近は丘になっているのだがその「心臓破りの坂」どころの角度ではない、50ccのバイクでは到底登りきれない角度の坂も多い。

SPONSORED