2022.11.23

離婚した「33歳専業主婦」が、なぜか「養育費ゼロ円」を要求…! その代わりに“年収250万円夫”に求めた「ヤバすぎる要求」の中身

露木 幸彦 プロフィール

娘を、彼女に任せて大丈夫か…?

一例は戸籍です。戸籍に「調停離婚した」と書かれた場合、見る人が見れば「揉めに揉めた」という印象を与えかねませんが、これは娘さんも例外ではありません。

将来的に戸籍謄本を閲覧したときにショックを受けるかもしれません。

遅かれ早かれ、離婚が避けられないのなら、協議離婚のほうがいい。それが娘さんのためだと筆者が説明すると、克己さんはようやく離婚を決意しました。

 

次の問題は親権です。

親権とは離婚後、未成年の子どもを引き取る権利のことです。克己さんは過去の経緯を踏まえてこう言います。

「娘のことが心配です。彼女に任せて本当に大丈夫なのか。躾をきちんとできるのか。何より妻の影響下で育っていくことが…」

妻は今まで家事や育児を一人前にやってきたとはお世辞にも言えません。そのように不十分な生活環境が娘さんの情緒の安定や人格の形成、そして学業の成績に悪影響を及ぼすのではないか。克己さんはそのことを懸念しているのです。

SPONSORED