2022.11.09
# ライフ

25歳の「アパレル店員」が絶句…生活苦で始めたパパ活、そこで要求された「月10万円のお手当」のヤバすぎる中身

姉のSNSが羨ましい

様々なところで耳にする「パパ活」。もともとは、老舗交際クラブの「ユニバース」が、マイナスイメージを払拭しようと、2016年に作った言葉だった。それがあっという間に拡散され、言葉だけ一人歩きした結果、かつての援助交際と同様に時代の風潮を指す一般用語となりつつある。

今ではマッチングアプリは多種多様にあるし、SNSにはパパ活で得た収入で豪遊する投稿なども沢山ある。リッチな生活に憧れて始める女性もいれば、生活苦から脱する為に始めたケースもあり、その目的も様々だ。紹介や仲介システムを挟まず、個人で気軽に始められる気軽さも相まって、若い女性がお金を稼ぐ”副業”になりつつもある。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

都内でひとり暮らしをしているアパレル店員のユキさん(仮名、25歳)もまさに、パパ活を気軽に始めた女性だ。きっかけは姉の存在だという。

「職業柄、ネイルや美容院代など出費が多く、アパレル店員だけの収入では生活できないので、18歳から副業としてキャバクラで働いていました。

店員とキャバの給料を合わせて、年収はだいたい300万円にいかないくらい。バイト感覚で始めて、家賃分くらいのお金は稼げていたんですが、コロナの影響で出勤調整の対象になって、それがほぼゼロになって…。お金に困っていた時に、姉のパパ活の話を聞き、興味を持つようになりました」

ユキさんの姉は27歳の会社員。姉妹仲も良く、普段からなんでも話せる関係だという。話によると、体の関係なしで月10万円を支援してくれる”太パパ”がいるそうだ。年齢は40代半ば、会社経営者、顔出しがはっきりとしたスレンダーイケメンパパとのことだった。

「姉のSNSはキラキラした投稿ばかりで、それを支援してくれているのがイケメンの太パパでした。インスタも最近は全体公開にして多くの人に発信しています。

『高いレストランも楽しめるのは、パパ活の醍醐味だよ!』と嬉しそうに姉は話していました。はっきり言って羨ましかった。姉がやっているならば私も大丈夫かなと思うようになり、パパ活を始めたんです」

関連記事