2022.11.25

異色サッカーマンガ『ブルーロック』原作者が語る「最注目選手」と「日本代表への期待」

2018年から「週刊少年マガジン」で連載されているサッカーマンガ『ブルーロック』(金城宗幸・原作、ノ村優介・漫画)は、2022年10月からTVアニメが放映中だ。ガンバ大阪やFC東京とのコラボや、日本代表のカタールW杯着用の新ユニフォーム発表時のコラボなどでサッカーファンにも知られているだろう。W杯優勝を目指すストライカー養成機関を描いた攻めに攻めたこのマンガ、W杯に合わせたこのタイミングにこそ、サッカーファンにも読んでもらいたい。物議を醸した序盤のセリフの真意や今回のW杯の優勝予想、好みのプレイスタイルなどを、<【前編】「日本にストライカーがいれば…」マンガ『ブルーロック』に込められた「日本サッカー界への期待と願望」>に引き続き原作者の金城宗幸(かねしろ むねゆき)に訊いた。 

 

プロサッカー選手からは主人公・潔へ共感する声が多い

――『ブルーロック』はガンバ大阪やFC東京とコラボしたり、サッカー日本代表の新ユニフォーム発表時にコラボしたりしていますよね。

金城 連載当初は「『ブルーロック』の中で日本代表選手をカス呼ばわりした金城、絶対許さん」といったお叱りを読者さんからいただいていたのですが――あれはあくまでキャラクターのセリフなのであって、僕自身は日本代表をバカみたいに熱狂して観ていた人間ですからね!と思っていました(汗)――なのでサッカー界からお声がけいただけるようになって、本当にありがたいですね。

『ブルーロック』は「正統派」のリアルな本格サッカーマンガではないという自覚がありましたから、始める前はどこまで読者が広がってくれるかなと思っていました。でも徐々に熱中してくれる方が増え、今では小学生も読んでくれているとか、「サッカーマンガを読んだことがなかったけど、初めて読みました」みたいな声もけっこう聞こえてくるようになりました。サッカーへの関心の裾野を広げるお手伝いが多少なりともできているのかな、と。

個人的には『ブルーロック』を読んでエゴイストなストライカーを目指す小学生が増えたら嬉しいですね。まあ、そういう子どもが集まったらケンカになるでしょうけど……(笑)。でもそういう衝突、「俺が俺が」という選手の存在も当たり前になっていったほうが、日本にストライカーの絶対数を増やしていくという意味ではいい気がするんですよね。指導者の方にも、それを受け止めて、伸ばす能力が試されると思います。

――『ブルーロック』は、サッカーを知っているとわかる小ネタもけっこうありますよね。

金城 こちらも連載開始当初はしょうもないネタを入れすぎてサッカーファンの皆さんに「お前、ナメてんのか」と怒られました(笑)。たとえばネット民が使うサッカー用語にQBKというものがありますけれども、第2話でそれをもじった「Q(急に)…B(蜂楽が)…K(来たからぁ)!!」というセリフを言わせたりとか。実はこれをやるために、蜂楽廻というキャラクターの読み方が「ばちらめぐる」になったんですよね。それまでは「あちら」にしようかなと思っていたんですけど。

――そうだったんですか?

金城 はい。最近はC・ロナウドネタを入れてみたり。ロナウドをモチーフにしたキャラクターを出しているんですよ。

SPONSORED