2022.11.10

“風俗好き”夫39歳が「元モデル」妻30歳に梅毒をうつす…「二人目の子ども」を身ごもっていた妻との「ヤバすぎる修羅場」

不倫は刑法上の犯罪には当たらないが民事上は立派な不法行為であり、バレたらタダでは済まない。それをわかっていても抗い切れないのが不倫の怖いところだ。実際に「ジャパン・セックスサーベイ」の2020年の調査よると、男女ともに不倫経験者が4割を超えるという。しかし、気軽にこの禁断の果実に手を出すと破滅を迎えることも少なくない。

今回は筆者が取材した、ある不倫カップルの実例をご紹介する。まさに「他山の石」となるようなケースと言えるだろう。

(画像はイメージです) photo by gettyimages

「こんなはずじゃなかった」

広告関係の仕事で働いていた渋谷亮太(39歳・仮名)は4年前に合コンで知り合った元モデルの妻(彩香・30歳仮名)と結婚した。都心の新築マンションに住み、子宝にも恵まれたが……。

「周りの目には幸せな家庭に映ったかも知れないですけど、実際はそうじゃなかった。というより『こんなはずじゃなかった』っていう感じですかね。彩香は育児疲れで常に暗い顔してるし、子供が原因で喧嘩になることも多くなった。子供が生まれたことは純粋に嬉しかったけど、産後もふくよかなままで、体型がまったく戻らない彩香の変貌ぶりもショックでした」(亮太、以下同)

 

残念なことに父親としての自覚を持てず、妊娠・出産で妻にのしかかる負担を理解できない亮太にとってはこれが素直な気持ちだった。変貌した元モデルの妻への関心が薄れ、自宅にほとんど帰らなくなった亮太は会社の近くにマンションを借り、そこで奔放な生活を送るようになる。

SPONSORED