2022.11.16

林真理子が「私、権力側のオバさんになってる」「保守化している」と気づいたときにヒシヒシと思ったこと

野心を持つことの大切さを説き、46万部の大ヒットとなった林真理子『野心のすすめ』(講談社現代新書)。

このたび、それ以来9年半ぶりの新書となる『成熟スイッチ』(同)が発売され、大注目を浴びている。

ここでは本書から、林さんの「王道とセンス」「保守化」についての考え方をご紹介しよう。

「王道を行くか、センスで生きるか」

「令和の元号を決める会の人になった頃から、ハヤシさんのフェーズ(位相)が変わった。あっち側の人になってしまった気がする」

と、ある編集者は言います。2019年に「元号に関する懇談会」のメンバーに、京都大学iPS細胞研究所所長(現在、名誉所長・教授)の山中伸弥先生たちと一緒に任命された時のことです。自分では、大河ドラマ『西郷どん』の原作者となって紫綬褒章を受章した2018年が私の「変わり目」ではないか、とも思うのですが、いずれにしても、

「なんだか私、すっかり権力側のオバさんに見えるだろうな」

とはっきりと自覚したのはその頃です。

はるか昔、結婚した1990年前後には、私の「保守化」についてさんざん言われていました。

「林真理子って、すっかりつまらなくなったよね」

「体制に擦り寄るようになった」

当時はそうした声を多少なりとも気にしたものですが、今振り返ると、仕方ないことだったと思います。人は誰だって、ある種の権威を得ると、それと引き換えに「面白くなくなった」「あっち側に行った」などと必ず言われてしまうのです。

関連記事