2022.11.12
# 離婚

年収1500万が激減…15歳年上の夫の年収が3分の1になって悲鳴を上げた30歳女性の末路

山本 昌義 プロフィール

呆然とする彼女に、直人さんは説明を続けます。

「年収500万円になったら、この部屋も引っ越さないといけなくなるし、もう今までみたいなプレゼントや生活費も渡せなくなる。本当にゴメン…」

これを聞いて、恵子さんは目の前が真っ暗になったそうです。さらに、直人さんは追い打ちをかけるように話を続けます。

Photo by iStock
 

「君に嫌われたくない一心で今までお金を使ってきて、俺にはほとんど貯金がないんだ。このままだと俺たちの老後資金はおろか、長女の学費すら厳しい。今、ウチにはいくらくらい貯金あるかな? あんまりなかったら…本当に悪いんだけど、もう一度働きに出てくれないかい?」

彼女は、直人さんがいくらでもお金を持っていると思っていたので、貯金など考えたこともありませんでした。これを聞き、彼女は大声で泣き叫んでしまいました……。

離婚、再就職、「どちらも無理!」

しばらくして予定通り直人さんは役職定年となり、年収は500万円にまで落ちてしまいました。この影響は恵子さんの想像以上でした。

家賃10万円で1DKの割安なマンションに引っ越しして、節約をしながらの生活を強いられますが、それでもお金が足りなかったそうです。

急に切り詰めた生活を送ることになった彼女は、そのあまりのギャップと息苦しさに、頻繁に直人さんを責めてしまったといいます。

関連記事