2022.11.14

脳も神経もないのに…不思議な生き物「粘菌」の“情報処理能力”がスゴかった…!

単細胞生物の常識が変わる!

今、SNSなどでひそかなブームとなりつつある生き物「粘菌(ねんきん)」をご存じですか。名前に“菌”とありますが、カビやキノコの仲間ではありません。人類誕生のはるか昔から地球で暮らしている原始的な「単細胞生物」です。

たった一つの細胞からできた粘菌には脳や神経はありませんが、驚異の情報処理能力を持つことが明らかになってきました。中でも、ある日本の研究者が行った「粘菌に迷路を解かせる」という前代未聞の実験は、世界中の研究者を驚かせました。

さらに、粘菌の情報処理能力を使えば、新型のコンピューターまで開発できると言うほど。実はさまざまな分野での応用が期待されている生き物で、粘菌を知れば、“単細胞”というイメージが180度変わるに違いありません。単細胞生物「粘菌」の摩訶不思議な世界に迫ります。(NHK「サイエンスZERO」取材班

粘菌の変形体/NHK提供
 

どんなところにでもいる!? 単細胞生物の「粘菌」

粘菌は普段どのような場所に生息している生き物なのでしょうか。20年近くにわたって粘菌の写真を撮り続けている写真家の新井文彦さんに案内してもらいました。木々の生い茂った森の中で見られる粘菌は基本的には数ミリ程度と小さな生き物です。見つけるためには、はうような姿勢で視線を低くし、注意深く観察することがポイントだそうです。

粘菌を探す新井文彦さん/NHK提供

倒木を探したところ、その幹に淡いピンク色をした「マメホコリ」という粘菌を発見しました。大きさは1センチほどと、粘菌の中では比較的大きい種類です。粘菌は、倒木や枯れ葉が堆積している、薄暗くじめじめした環境を好んで生息していると新井さんは教えてくれました。

「雨にぬれないような木の下にいることが多い。住宅地の並木や公園も探せばきっといます。どんなところにでもいるというのが正しいです」(新井さん)

発見した「マメホコリ」/NHK提供

さらに、長年粘菌の写真を撮り続けてきた新井さんでも15年ぶりに目にしたという、かなり珍しい種類の粘菌を発見しました。それは、「ロウホコリ」と呼ばれるもので、まるで宝石のような光沢をもち、光が当たると紫や緑などのさまざまな色に変化する美しい粘菌です。気付いていないだけで、私たちの足元には粘菌の実に鮮やかな世界が広がっているのです。

レアな粘菌「ロウホコリ」/NHK提供

関連記事