2022.11.24

韓国の「暗部」がまたまた…! ハロウィン「圧死事件」に“便乗する人たち”のヤバすぎる正体…!

韓国の「暗部」

やはり懸念したことは現実となりつつあるようだ。

韓国・ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)の群衆事故から数週間が経過しようとしているものの、事件後の関心は原因の究明や今後への改善策への対応よりも、事故原因ともいえるターゲットを定めて非難の集中砲火へと移り、その矛先は警察と尹錫悦(ユン・ソギョル)現政権に向けられている。

こうした中で11月11日には、事故現場を管轄するソウル・竜山(ヨンサン)警察署の情報担当部署の係長が自宅で亡くなっているのが発見されたことが明らかになった。

ハロウィン事故はまだ終わらない… photo/gettyimages
 

この係長が事故後に事故に関連した内部の報告書を削除したことから証拠隠滅の容疑で捜査を受けていたことも伝えられており、自殺と見られている。

様々なところで影響や波紋が広がっている今回の事件はまたしても韓国の暗部を晒しているといえる。

事故直後より特に問題視されていたのは警察による事故現場周辺の警備体制が不十分だったのではないかという点についてである。そして、日を追うごとに事故の予兆は前日から感じられていたという証言も出ている。

SPONSORED