2022.11.17

74歳男性が“23歳年下”の美魔女と再婚するも、結婚2年目に女性が脳梗塞で倒れる…寝たきりの彼女を見て、男性が下した「ヤバすぎる決断」

内閣府発表の2022年版高齢社会白書によると、日本の総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)は28.9%で、年々増加中だ。平均寿命も男性で1.86年、女性で1.15年延びており、厚労省の発表によると、平均寿命も男性81.47年、女性87.57年と世界最高である。

定年後も20年以上生きる「長い老後」に直面している現代の高齢者たちの実態を知るにあたり、筆者が一番関心があったのが男女問題だ。

熟年離婚ブームのあと、独り身が多いと言われている現在のシニア世代は、お見合いパーティに出たりマッチングアプリを使うなどして、余生を共に過ごすパートナーを探しているというケースが少なくない。筆者は実際にカップルとなった方に取材を行ったのだが、そこにはやはり一筋縄では行かないような複雑なドラマが繰り広げられていた。今回は再婚相手の女性が脳梗塞で倒れた、ある男性のケースをご紹介する。

photo by gettyimages
 

大手の結婚相談所に入会

代々の地主で資産家の成田茂さん(74歳・仮名)は55歳の時に離婚。原因は妻の浪費だった。

「土地の売買やらで私の仕事が忙しくて放ったらかしにしてたら、妻が買い物依存症になり、ブランド品を買い漁ったと思ったら、次はホスト遊びにまで手を占めて何千万という金を使い込んだんですよ。妻は『子供たちが独立した寂しさを紛らわせるためだった』なんて言ってましたけど問答無用。そんなバカな金の使い方をする人間とは一緒にいたくないと思い、子供たちの反対を押し切って追い出しました。そのせいで子供たちとは疎遠になりましたが後悔はしていません」(茂さん、以下同)

以来、独身生活を謳歌してきた茂さんだったが、70歳を過ぎた頃から健康不安などの理由で再婚を考えるようになり、大手の結婚相談所に入会する。

SPONSORED