北海道を震撼させる凶悪ヒグマ「OSO18」…!捕獲作戦に参加したハンターが打ち明ける「化け物じみた生態」

放牧された牛を次々と襲い、命を奪っていくヒグマ「OSO18」による被害が北海道東部で相次いでいる。2019年の出現以来、人間の追跡をかいくぐる様はまさに化け物だ。いつ人にも被害が出るかわからないため、現地の人々は恐怖に震えている。

道東に潜む「怪物」

国立公園である釧路湿原の一部を有する、北海道・標茶町。たった一頭のヒグマが、この町の住民約7200人の日常を一変させてしまった。

「7月18日にウチの牧場でもOSO18(以下・オソ)による被害があってから、ビクビクしながら過ごしています。外に出ることすら怖くなってしまったのです。子供が毎年の楽しみにしていた外でのバーベキューもできなくなりました」

怯えた表情で語るのは、飼育する牛をオソに殺害された標茶町・佐々木牧場で牧場主を務める佐々木裕之さんだ。

オソとは、2019年7月から標茶町、厚岸町で放牧されている牛を襲い続けているオスのヒグマだ。呼び名は初めて被害を出した標茶町オソツベツ地区の地名と、現場に残された足跡の横幅が18cmだったことから、北海道庁が付けたコードネームである。

残された足跡から体長は2m以上、体重は320kgから350kgの超大型だと推測される。

2019年に撮影されたOSO18とみられるヒグマ(写真提供/標茶町役場)2019年に撮影されたOSO18とみられるヒグマ(写真提供/標茶町役場)
 

オソによる被害に遭った牧場の従業員が明かす。

「ウチの牧場の牛も、ついにオソに襲われてしまい、急いで現場を見にいきました。すると、体重200kgを超える牛が、背骨を折られ、身体を真っ二つにされた信じられない光景が目に飛び込んできたのです。

無残な死骸を見て、化け物じみた力を持ったヒグマなのだと、強い恐怖と衝撃を感じました」

関連記事