甚大な被害を出し、人間を嘲笑うかのように挑発…!最恐ヒグマ「OSO18」の捕獲が今年も困難である「深刻な理由」

3年にわたり放牧中の牛を襲撃し続けているヒグマ「OSO18」による被害が今年も広がってしまった。捕獲に向けて地元猟友会はおろか、北海道庁まで動いたものの、効果は挙げられていない。

前編記事『北海道を震撼させる凶悪ヒグマ「OSO18」…!捕獲作戦に参加したハンターが打ち明ける「化け物じみた生態」』では、巨大ヒグマ・OSO18の恐怖と、人間の追跡を逃れる用心深さについて見てきた。本記事では、我々に迫るオソのさらなる脅威に迫っていく。

人間を「挑発」している

実は、佐々木牧場の1週間前に襲撃された類瀬牧場でも、オソは人間がいない時間を見計らって牧場へと戻ってきていた。ここでは殺害した牛の死骸を引き摺り、100m離れた沢まで運んでいた。用心深さを見せながらも時折大胆な行動を起こすのは、もはや人間を挑発し、弄ぶためだとさえ思えてくる。

オソは歳を重ねるごとに狡猾さを増していく。対して、人間は新たな手を打ったものの、さしたる効果が現れていない。

2019年に撮影されたOSO18とみられるヒグマ(写真提供/標茶町)2019年に撮影されたOSO18とみられるヒグマ(写真提供/標茶町)
 

「今年の夏には熱を感知する機能のついたドローンを飛ばし、オソの居場所を突き止めようとしました。しかし、森の木々にさえぎられて手掛かりは掴めませんでした」(前出・標茶町役場担当者)

猟師を取りまく状況に変化が現れていることも、オソの捕獲が進まない理由の一つとなっている。前出の猟師が苦々しい表情で語る。

「狩猟用の銃弾が手に入りにくくなっているのです。コロナ禍に加えウクライナ紛争が勃発したことから、銃弾の価格も3年前の倍近くにまで跳ね上がっています。無駄撃ちができないだけでなく、猟へ出る回数も制限されています」

関連記事