奴隷労働、LGBTQ差別だけじゃない…「カタールW杯」をドイツ国民が楽しめない“本当の理由”

立ち込める黒雲

11月20日、カタールでサッカーのW杯が始まる。

カタールは、一人当たりのGDPでは世界で一、二を争う裕福な国だ。人口30万に対して300万人の外国人労働者が働いているというから、カタール人はあまり働かずに、超優雅な生活をしている。彼らに巨万の富をもたらしたのが石油と天然ガスであることは、言うまでもない。

Gettyimages
 

本来ならばサッカーのW杯は4年に一度、ドイツではまさに国中で大騒ぎをする「真夏の夜の夢」となるのだが、今年のカタール大会では開幕直前の今、凄まじくトーンダウンしている。

薄ら寒い季節なのにガスの節約が要請されていたり、インフレが止まらなかったりで、国民が皆、少し鬱状態になっているということもある。

しかし、黒雲が立ち込めている真の理由は、カタールの人権問題とFIFA(国際サッカー連盟)の腐敗が見過ごせないほど大きくなり、政治家も国民もそれらにどう対応して良いかわからず、途方に暮れているからだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事