2022.11.19
# ライフ # 離婚

「お前は妻じゃなくて同居人だ」…セックスレスに「絶望」した年収700万の男性の悲しすぎる末路

山本 昌義 プロフィール

「風俗って…。なんで嫁がいるのに風俗なんか行かなきゃいけないんだ! そりゃしたいことはしたいけど、誰でもいいわけじゃない。俺は美和としたいんだよ」

そう言われても、彼女にはもう応じる気などありません。そして次第に、顔を合わせるたびに求められるような気がして、いつしか彼のこと自体を避けるようになったといいます。

 

気づけば会話すらなくなってしまう

育休が終わった後も、一人で手が空いている姿を見せてしまうと龍臣さんに求められると思った美和さんは、なるべく家では長男と一緒にいるようにしました。そして求められる恐怖から、次第に彼女は普通の会話さえ避けるようになったそうです。

その空気を察してくれたのか、いつしか龍臣さんも彼女と長男には、なるべく近づかないようになったといいます。

彼は、週末は風俗に行き、性欲を発散させるようになったそうです。美和さんもそれには目をつぶり、むしろほっとしたといいます。

しかし、実際に彼が風俗に行ったのは数回程度だったそうです。

Photo by iStock

お店に行くたびに、美和さんとしたい気持ちがあふれて、風俗にむなしさを感じるようになったといいます。

欲望を発散できない日が続いたせいで、彼は、いつまで経ってもセックスに応じてくれない美和さんとの結婚を少しずつ後悔するようになりました。

そんな日常が続くこと早6年。

長男が小学生になって育児が落ち着いたある日、彼女は思い出したように少し性欲が湧き、初めて自分から龍臣さんにスキンシップを求めたそうです。

これを機に、また結婚初期のような関係に戻りたいとも思ったといいます。

関連記事