2022.11.24

「彼氏ならこれくらいして当然」と語る42歳ASD女性が、彼氏からフラれるときに「必ず言われる言葉」

心の内は「いつも真っ暗」

「子どもの頃から今に至るまで、ずっと浮いていましたね。どうにも人や社会と折り合えない。それっていけないことなのですか?」――。

最近、ASD(自閉スペクトラム症)と診断を受けたユミコさん(42)は、みずからのこれまで人生をこう振り返る。モデル体型の細身で長身、和風美人で笑みを絶やさないユミコさんだが、その心の内は本人曰く、「いつも真っ暗」だそう。

今でこそ社会の発達障害への理解が年を追うごとに深まりつつある。だが、この発達障害とは、まだまだ多くの人にとっては、「わかっているようで何もわかっていない社会問題」というのが実情だ。

PHOTO by iStock
 

そんな発達障害ゆえの特性に苦しんできたユミコさんの話を聞けば聞くほど、この手の問題に無関係と思い日々を過ごしている市井の人たちにとって、実は身近な話であり、これから考えていくべき問題といえよう。未だ知られざる発達障害、その当事者の胸の内をこれから掘り下げていく。

そもそもユミコさんが発達障害という言葉を意識したのは今から2年ほど前のことだという。前の結婚に破綻して以来、何人か言い寄る男性もいた。だが交際に至ってから、別離に至るまで長いか短いかの違いはあれど、いつも男性からは同じ言葉で別れを告げれた。

「俺を何だと思ってるんだ――」

歴代の彼氏たちが発するこの言葉の意味、これがユミコさんにはよくわからなかったと話す。「なぜ、そんなことを言われなければならないの?」(ユミコさん)という感じだ。

SPONSORED