2022.11.24

六角精児の「この歌が好きなんだ(5)」…僕もこの曲のギターソロに挑戦してみたけれど

最高のアコースティックスウィングだ!

「ブルーグラス」とは?

「マイナースウィング」はアルバム『HOT DAWG』に収録されている

今回の一曲は、デヴィッド・グリスマン・クインテッドの演奏する「マイナースウィング」。

デヴィッド・グリスマンは1960年代から活動しているフラットマンドリン奏者である。

フラットマンドリンは昔からブルーグラスミュージックには欠かせないものであったが、グリスマンはさまざまなジャンルのミュージシャンとセッションを重ねることで、その楽器のみならず、ブルーグラスという音楽の幅をも大きく広げた、アメリカンルーツミュージックシーンにおける重要人物の一人なのだ。

 

ここで日本ではあまり馴染みのない「ブルーグラス」について、少し触れておく。

ブルーグラスは今から80年くらい前に、アパラチア山脈に入植したアイリッシュ人が演奏していた音楽から派生したものだ。

基本、ギター、フラットマンドリン、バンジョー、バイオリン等のアコースティック楽器で演奏され、テンポは概ね速く、ハイレベルなテクニックが要求される。

デヴィッド・グリスマンは1970年代に、このブルーグラスとジャズを融合させて「ドーグミュージック」という実験的なジャンルを造り出した。

その中の一曲が、今回の「マイナースウィング」だ。

関連記事