「マッチングアプリは、本人が登録した条件を閲覧し、メッセージを送り合うことが出会いにつながっています。プロフィールを“盛って”いる可能性もありますし、盛らずとも、人間的な背景まではわかりません」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

明治安田生命保険が11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ夫婦にまつわる調査結果を発表。これは円満の秘訣や理想の夫婦ほか、「夫婦のリアル」を浮き彫りにしていることでも知られる。そこで注目なのは、今年結婚した夫婦の出会いのきっかけは、学校や職場を抜いて「マッチングアプリ」が首位となったことだ。マッチングアプリで出会った夫婦は、22・6%で5組に1組以上。調査によると、2012、15、16年に結婚した夫婦で、マッチングアプリがきっかけという回答は0%しかし、19年には12・2%、21年は16・9%に増加し、22年は20%を超えた。

山村佳子さんのもとに相談に来たのはメーカー勤務の弓香さん(仮名・34歳)。マッチングアプリで外資系銀行勤務の夫と出会い、たった10日で入籍して4年になり、3歳の娘がいる。

前編「親の離婚で冷房なし生活…「お金持ちと結婚」を10日で実現した30代女性の苦悩」では、夫は高学歴高収入で、その年収2000万円と推定。しかし、夫は生活費をくれず、弓香さん母娘はいつもカツカツの生活で、娘は習い事もできない状態であることを紹介した。しかも経済的DVのみならず、常に高圧的な態度でモラルハラスメントも受けていた。そんなある日、家に消費者金融からの督促状が届く。夫のポケットを探ると、8万円の高級ホテルのレシート、12万円の寿司屋の領収書が出てきた。経済DVから脱し、慰謝料を受ける目的の調査が始まった。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
 

退勤して向かった先には派手な美女が…

調査は朝から弓香さん一家が住む東京23区郊外のマンションからスタート。私鉄沿線にある住宅街で、畑もちらほら見えるのどかなエリアです。朝から張っていると、背は低くとも筋肉質な体にスーツをまとった弓香さんの夫が出てきました。
肌がかなり荒れており、粉を吹いたようになっています。借金や家族関係など、恒常的なストレスを抱える人は、肌トラブルを抱えやすい傾向があるようです。

駅まで10分程度の道を歩き、電車に30分ほど揺られて都心のオフィスへ。夫の勤務先は激務で知られていますが、18時に退勤してきて、タクシーで新宿方面へ。有名なカフェに入っていくと、派手な美女が待ち構えていました。女性は30歳くらいでしょうか、下着の線がくっきりわかるほど、タイトで薄手の白のニットワンピースを着ています。お腹が少々たるんでいるのですが、全く気にしていない感じが、依頼者・弓香さんと対照的。

Photo by iStock