TOP
>
「ずっと自分を好きになれなかった」二階堂ふみの人生を変えたフェレットとの暮らし
2022.11.23

動物福祉とジェンダー問題は繋がっている

「ずっと自分を好きになれなかった」二階堂ふみの人生を変えたフェレットとの暮らし

「ずっと自分を好きになれなかった」二階堂ふみの人生を変えたフェレットとの暮らし 撮影/嶋田礼奈 画像ギャラリーを見る→

ファッションは視野を広げてくれるし、心を豊かにしてくれる

服好きとしても知られる二階堂さんは、SDGsという言葉が生まれるずっと前から、サステナブルなファッションを楽しんできた。おばあちゃんのおさがりのシャツやバッグを今も愛用するなど、古いものに宿る価値を知り、長く大切に扱うことは二階堂さんにとってごく自然なことなのだ。

「古代の日本人の生活様式って、とてもサステナブルだなと思っていて。着物はお下がりをもらうことが当たり前だったように、すべてがうまく循環していたというか。今でもそういう価値観って、まったく野暮ったいことなんかじゃない、むしろめちゃくちゃクールなことだと思うんです。その価値観に、いかに自分の生活を戻していけるかということなのかな。とはいえ、いきなり生活をガラリと変えるのはむずかしい。だったら、例えばカポックのような羽毛の代替素材でもちゃんと暖かく、かつ土に還る素材があること、仮に羽毛を選択するにしてもリサイクルの羽毛を使っている製品があるなど、いろいろな選択肢を知って自分に合うものを選ぶことも、SDGsにつながると思います」

アニマルフリーダウン「チャイナドレス」¥88,000/カポックノット 撮影/嶋田礼奈

そしてファッションが好きだからこそ、目の前の服がどうやって作られているのかを知る必要があると続ける。

「安いものには理由があります。例えばバングラデシュのなめし工場では、汚染により労働者の健康被害が起こっているように、動物や環境のことだけでなく、人権のこともきちんと知らなければいけない。ファッションは視野を広げてくれるし、何より心を豊かにしてくれる。そうすると人にも寛容になれるし、それって自分の心を大切にすることに繋がりますよね。そんなファッションを心から楽しむためにも、買う側がきちんと生産背景を知り、選択していかないといけないと感じています。お金を払ってものを買うことは、投票だと思っていて。だから私は、きちんと社会的責任を追及しているブランドで、身の回りのものを揃えたい。それがいちばん美しいことだと思うから

SHARE

RELATED ARTICLES

関連記事

SUBSCRIBE NOW!

FRaUxSDGsメールマガジン

メルマガに登録するとSDGsに特化したFRaUの最新情報が受け取れます

Subscribe Now!
メールマガジン登録