史上最大の戦艦「大和」に搭載された「46センチ主砲」の「ヤバすぎる威力」

レーダー装備に遅れをとった!?

史上最大の戦艦「大和」は、その巨体もさることながら、主砲に採用された46cm砲も、艦砲としては世界最大のスケールを誇りました。しかし、残した戦果や実戦歴から、無用の長物と言われたり、航空機による戦闘が主流になりつつある時代に逆行していたことから"時代錯誤の大艦巨砲主義の産物"とともいわれています。

前回の〈「無用の長物」と批判された戦艦「大和」の建造が、じつは「合理的」だったといえる「意外なワケ」〉では、大和型大型戦艦の建造計画が生まれた背景を見ながら、その計画が決して時代錯誤ではなかったという事実が明らかになりました。

今回は、大和の兵装を中心とした装備や技術を見ながら、軍艦としての実力を見てみたいと思います。解説は、『日本史サイエンス』『日本史サイエンス 2』の著者で、船舶設計技師の播田 安弘さんです。

大和の“象徴” 3連装砲塔に搭載された世界最大口径砲

史上最大・最強の戦艦である大和。その主装備である主砲は、世界最大口径の46cm砲を3門まとめた(3連装)砲塔として、前甲板に2基、後甲板に1基、計9門を搭載されています。

砲弾の威力は砲弾の容積で決まりますが、それは弾径(砲弾の直径)の3乗に比例します。41cm砲と46cm砲では、弾径は46/41で1.12ですが、砲弾の容積は46/41の3乗で1.41倍となります。かつ飛距離も大きく、相手の砲弾が届かないところから撃てるので、艦隊決戦では非常に有利になるのです。

砲塔の下には弾薬庫や給弾システムがあり、それらが分厚い装甲で覆われていたため、3連装砲塔の重量は1基あたり約2500tにもなりました。日本海軍の駆逐艦1隻の排水量がほぼ2000tですから、合計では駆逐艦を3隻載せているより重いという、とてつもない重量です。

46cm主砲から仰角45度で発射された砲弾は、初速780m/秒(マッハ約2.3)で高度1万1900mまで上がり、90秒後に4万1000m先に着弾します。

主砲は40秒ごとに1発、発射することができます。これが9門なので、3分間では合計で36発の46cm砲を発射できます。その破壊力のすさまじさを打ち抜ける鋼鉄の板の厚さで表すと、射程距離3万mでは垂直鋼板を41.6cm、水平鋼板を23cm打ち抜き、射程距離2万mでは垂直鋼板を56.6cm、水平鋼板を26.8cm打ち抜くことができました。この主砲の攻撃に耐えられる装甲をもつ戦艦は、世界のどこにもありませんでした。

発射時の爆風はすさまじく、乗員が吹き飛ばされると死傷事故につながるため、発射のタイミングは確実に周知される必要がありました。

【写真】九一式徹甲弾保存されている九一式徹甲弾

なお、日本海軍の主砲弾には、米英の砲弾と異なり、敵艦を破壊するための「徹甲弾」と、対航空機用の「三式弾」の2種類がありましたので、順にご紹介します。