2022.11.23
# ライフ

「キャリアアップしたんだから」…昇進をきっかけにうつ病を発症し休職を経験した漫画家が語る「休職のリアル」

休職者増加中

自身も休職を経験した漫画家のミヨシさんが描く漫画とともに、精神科産業医の加藤高裕さんによる解説も充実している、新刊『復職率9割の精神科産業医が教える マンガでわかる休職サバイバル術』(漫画:ミヨシさん、著者:加藤高裕さん)が11月17日に発売され、SNSを中心に話題になっている。

本書は、休職・復職を経験した人たちへの取材をもとにした休職のリアルが描かれ、休職時の注意点などがわかりやすくまとまっている。

『マンガでわかる休職サバイバル術』(主婦の友インフォス、漫画:ミヨシさん、著者:加藤高裕さん)
 

厚生労働省の調査によると、精神疾患の患者数は600万人を超え、10年前と比べほぼ倍増しているなど、メンタルの不調をうったえる人は増えているという。

アフラック生命保険株式会社の調査によると、働く人の10人に1人が1ヵ月以上の休職を経験しており、「休職」は他人事ではない状況だと言えるのかもしれない。

ミヨシさんは、自身が休職したときのことを振り返って次のように語る。

「ぼく自身も、まさか自分がうつ病になるなんて思いもよりませんでした」

うつ病になる人の多くは、その原因に無自覚なことが多いという。しかし、些細なことから「うつ病」ははじまるのかもしれない。

関連記事