2022.11.25

可愛い女の子の股の下にわたし…!? 範田紗々を酔わせた、紅生姜サワー&スープカレー

今宵、カレーで一人呑み(3)

股の兄?

今日は大久保(新宿区)の『鉄板酒場 大久保ベース』へ

「ご注文は?」

「いつもの……」

テレビや映画でよくあるこんなやり取りを「大人ってカッコいいなぁ」と憧れの眼差しで見ていた少女時代。

いつかは自分もお酒が飲めるようになって、馴染みのお店とか作って、カウンターの端から2番目の、いつもの席で静かにグラスを傾けているところにバーテンダーさんからスッ……とマティーニなんか出されて。

「あちらのお客様からです」

見るとそこには、素敵でダンディーな紳士が。

楽しい会話とお酒に酔いしれ、そのまま2人は夜の帳(とばり)に消え、一夜限りの恋を楽し……、
 
「はーい、紅生姜サワーです!」(ジョッキ、ドン!)
 
はい! 妄想から帰ってきました、範田紗々です!

みなさんただいま! マティーニ飲めない範田の紗っちゃんだよ!

てか何? マティーニって何?

マターニ? 股の兄? 素敵でダンディーな股の兄?

ただの変態おじさんじゃん!

 

さて、第3回となったこのコラム、何が言いたかったかというと、「馴染みのお店ってありますか?」

それこそお店に入るなり、たった一言、「いつもの」で注文が通ってしまい、安くておいしくて店員さんとも気軽に話せて、何より落ち着ける。

そういう「馴染みの店」って、馴染みになるまでが難しくないですか!?

安くておいしいはいっぱいあるけど、お店の雰囲気だったり店員さんとの距離感だったり、生意気な言い方ですが「自分に合う」というのがなかなかね〜〜〜。

「あれ? 紗っちゃん今日は顔が豆みたいじゃない?(スッピン入店時)」

なんて言われた日にゃ、距離感最悪!

そんな「休日は豆みたいな顔」のわたしが本日訪れたのは、JR大久保駅から徒歩2分にある、『鉄板酒場 大久保ベース』さん。
 
個人経営店なのに安い!

個人経営店だからおいしい!

紹介したいけど教えたくない、本当の隠れ家的なお店

を掲げています。

「懐かし薄いハムカツ」450円(税込み)もいただきました

関連記事